地域おこし協力隊

 
                 移動支援(有償運送)の風景
                 生活支援(草刈り)の風景


平成21年(2009年)に、美郷町で初めて地域おこし協力隊が配置されたのが、ここ別府地域でした。

それ以来約10年、地域での移動支援(有償運送)や生活支援(草刈り等)に携わってきました。
私たちは、今後も地域の皆さまが安心して暮らしていけるよう、力を尽くして参ります。
どうぞ、よろしくお願い致します。

~地域おこし協力隊とは~
地方自治体が都市部の住民を、最長3年を上限に受け入れ、
農林漁業の応援、水源保全・監視活動、住民の生活支援などの
活動に従事してもらいながら、その地域への定住を支援する制度。
平成21年(2009年)度創設、総務省が管轄。

◎こんなことをしています!!


 (1)移動支援
   ・地域の人々の通院や買い物のための送迎(福祉有償運送、公共交通空白地有償運送)
    (洗車など車両の管理も行います。)

 (2)生活支援
   ・草刈りや農作業の支援、除雪など。
    (それらに必要な道具の管理・メンテナンスも含みます。)

 (3)介護予防・日常生活支援総合事業(介護保険制度による)
   ・ゴミ出しや電球交換などの軽微な家事、家内清掃、買い物代行、通院や買い物の付き添い、
    一人暮らしの高齢者見回りなど。

 (4)「別府安心ネット通信」の作成
   ・別府地域の話題や別府安心ネットからのお知らせを掲載する広報誌の作成(月1回)。
    (過去のものは、こちらをご覧ください。)

 (5)会議や研修への参加
   ・美郷町内の地域おこし協力隊員が集まる活動報告会(「ネットワーク会議」:月1回)
   ・国や県などが主催する地域おこし協力隊員向けの研修会や、各種セミナー・講座等への参加。

 ☆別府地域では、今後「小さな拠点事業」が進められる予定です。
   産直市“やなしおの里”の隣に新たな施設が建設され、様々な事業が展開される見通しです。
   今後、協力隊もこちらに関わっていくことが想定されています。